イケダヤ靴店のルーツイケダヤ靴店のルーツ

イケダヤ靴店の歴史についてご紹介いたします

明治31年に創業して以来、イケダヤ靴店は東京・上野を拠点として靴の販売を行ってまいりました。これからも、オンリーワンを目指しながらお客様にご満足いただけるよう頑張ってまいります。

イケダヤの歴史

明治31年、池田屋靴店を開業

明治31年、池田屋靴店を開業

明治31(1898)年、栗原金太郎が東京市下谷区御徒町3-27番で池田屋靴店を開業したのが始まりです。
栗原金太郎は腕の良い職人で、国鉄上野駅の駅長さんなどの靴を製造していました。

昭和18年、戦況による企業整備により休業

昭和18年、戦況による企業整備により休業

昭和18年、戦況による企業整備により休業し、1945年の東京大空襲時に栗原金太郎は行方不明となり、昭和21年12月に息子の栗原孝が台湾より復員し、栗原金太郎の行方を捜しましたがどうしても分かりませんでした。

栗原孝は、台東区上野4-5-11の現在地で池田屋靴店を再開し、昭和25年に個人経営から有限会社池田屋靴店に組織変更し、昭和38年に高崎、昭和39年に仙台、昭和44年に静岡へと地方都市・中心商店街に路面店を出店していきました。栗原孝の経営方針は、当時一般的になっていた手形決済をせずに、直接靴メーカと現金取引し、その分廉価で販売するというものでした。問屋ルートで仕入れる競合店からは、価格の差がありすぎるため、2級品を販売していると中傷されたこともあります。

昭和46年に千葉、昭和48年に平塚、昭和51年に名古屋へと高架下・駅ビルに出店し、それ以後は昭和55年のダイエー赤羽店への出店を契機に、GMS内にテナント出店していきました。

1990年代、バブル崩壊とともに低迷期へ

1990年代に入り、大手商社との取引が始まり、インポートシューズの導入によって業績は拡大していきました。しかし、上野地区の売上は1992年、会社全体としては1993年の47店、売上高61億円をピークに、バブル崩壊を追うように業績は低迷していきます。

さらに、現社長の栗原茂の弟も入社して懸命に建て直しを図りましたが、平成20年、50店あったアイウォーク(池田屋靴店より社名変更)の株式を株式会社チヨダに売却し、営業譲渡を受けた上野3店舗の株式会社イケダヤ靴店を営んでおります。

現在、靴工場との直接取引

栗原孝の理念である、「靴工場との直接取引を行う」ことは今でも生き続けており、年2回のヨーロッパの展示会に出かけ、オンリーワンを目指すという形で生き続けています。

ページトップへ
製品情報
取扱いブランド
REDWING COURNER
NIKE CORNER
新商品情報
ワゴンセール
靴靴アウトレットSALE
イケダヤ靴店について
接客のこだわり
イケダヤ靴店のルーツ
店舗情報
上野本店
アメ横店
上野店別館
社長挨拶
販売スタッフ紹介
お問い合わせ
お問い合わせ
リンク集
ポイントカード(紙)
表面 裏面
  • ・本体価格1,000円お買上げ毎に1ポイント付与いたします。
  • ・20ポイント溜まりますと、次回1,000円分の割引としてご利用いただけます。
    • ※但し、現金の交換はできません。また、お釣り銭は出ません。
    • ※途中のポイント交換はできませんのでご了承ください。
プレミアムポイントカード(リライト式ポイントカード)
表面 裏面
  • ・紙のポイントカードで20ポイント溜まったお得意様限定に発行しております。
  • ・本体価格1,000円お買上げ毎に1ポイント付与いたします。
  • ・1ポイント=1円としてご利用が可能です。
    • ※但し、現金の交換はできません。また、お釣り銭は出ません。
« 表示推奨ブラウザ/OS »
■ Windows XP,7
■ Microsoft Internet Explorer 7.0
■ 文字サイズ 中